-------- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-07-08 : 吉良さんのこと。

林邦洋です。1年ぶりくらいのブログです。
ザバダックの吉良さんが亡くなられたことを知り、中々それを受け入れられない自分がいます。部屋で、ギターを取り出して、小さな声でザバダックの曲を何曲か歌ったりしましたが、僕には難しくててどうもダメです。色々と思い、考え、自分なりに心を落ち着かせようと、この文章を書きます。
高校卒業直前に、ラジオ番組で知ったザバダック。程なく進学を機に、福岡の街で一人暮らしを始めた僕が最初に買ったCDが、当時発売されたばかりのアルバム「桜」でした。この、春の使いのような音楽アルバムは、僕にとって、一人暮らしの寂しさを慰めるものでも、新生活を応援するものでもなく、ただひたすらに「音楽」として、身体と精神に染み渡り、ついには癒しと鼓舞とを両得するものでした。勝手な解釈ですが、ヘッドホンから、僕の鼓膜や脳や心に注がれたその曲達は、その時の僕には知りえないエッセンス(星や虫や鳥や宮沢賢治や恋や愛や夢などなど)を宿し、のちに僕の音楽的語彙爆発を引き起こしました。「手段としての音楽」から「目的としての音楽」を意識し、つまり自分も曲を作り歌いたいと思うようになるきっかけとなったアーティストでもあります。
マグネットレコードにデモテープを送ったのも、ザバダックが当時所属していた会社だったからで(ザバダックはレーベルはバイオスフィア)、プロダクション、マネジメント、録音スタジオ、エンジニア、映像チームなどなど、ザバダックと共に仕事をする人達と自分も仕事ができることは、この上ない喜びでした。吉良さんのライブでのアコギの音は、僕が知りうる限り一番好きなタイプの、ライブでのアコギの音です。いちいち僕なんかが言わなくても良いですが、最高のギタリストであり、シンガーであり、作曲者でした。ライブの前座でも歌わせてもらいました。打ち上げで作詞の話になり、井の中の蛙である僕の、稚拙な弱さを見抜いた吉良さんから「達観してんじゃねーよ」という言葉をもらったのが忘れられません。当時は、酒癖の悪い先輩だなぁと思いましたが(笑)、今思い返すと最高の助言であり、その精神は今も自分の中にあります。その後の僕はふらふらと、気付けば今も曲を作り歌っていて、吉良さんとは随分会っていませんでしたが、SNSで繋がっており、たまにやり取りをするので、離れた感覚はありませんでした。最後に吉良さんの演奏を聴いた時は「いつでもどこでも全身全霊で」というような、使命感のようなものを、背中で語っているようで、また一つ学ばせてもらった、ということもありました。事務所時代を含めて、そこまで多くの時を共に過ごしたわけではありませんが、ザバダックを知った時から、こちらがもらった一粒一粒の想いは、強く大きなものです。そして、与えてもらってばかりで何も返せなかった自分がいます。いつかきっと、自分のレコーディングの時に、プロデュースとギターをお願いしようと思っていたので、残念でなりませんが、吉良さんはライブ活動を休止するようなもので、小峰公子さんはじめ、強固なメンバーがいますし、ザバダックは無くならないと思うし、吉良さんの音楽も、ずっと続いて行くのだと思います。
最後に、最近の吉良さんのTwitterで、素敵だなと思う言葉があったので載せさせてもらいます。
「人間には空気が無いと音が聴こえないけど宇宙は音楽にあふれてる気がするんだ。音楽が宇宙の目的じゃないかとさえ思うこともあるよ」吉良知彦
スポンサーサイト
appearances

"imagination" Music Video


pictures

soundofpictures

林秀紀(Vo & Gt)右
林邦洋(Vo & Gt)中央
きっかわひろし(Gt)左

2008年結成。永久(とわ)に色褪せないうたを創る旅路の中にある。米ロック、フォークを想起させる「サマーホリデイ」「風に吹かれて」、サイケなギターサウンドの「ロスト」や、青春グランジ風の「ジェネレーションY」など、様々な音楽的背景に兄弟ツインボーカルの実直な声が合わさり、ポップさとオルタナ感を融合。また歌詞は、文学的とも評される「上弦の月」、等身大の人間讃歌「明日が聴こえる」や、言葉遊び的な「ウェルカム」「ペーパームーン」など、多様な日本語を駆使して「普遍」を歌う。メンバーの活動拠点などから、「杉並系ギターロックバンド」を自称している。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
MUSIC
Pictunes 2012年6月リリース、セカンドフルアルバム!
"Pictunes"
1. Beautiful days
2. Okey Dokey
3. 金環日食
4. song
5. Generation Y
6. Tuesday
7. Paper Moon
8. girlfriend
9. emotion
10. Bond

通販:こちらのページでご注文できます。[試聴]




2011年11月リリース、全天候型ポップロック全開!
"imagination"
1. imagination
2. 明日が聴こえる
3. 風に吹かれて
4. cold rain
5. smile again
6. コントラスト
7. 透明な月夜
8. トーキョーミッドナイト
9. ジャンプ
10. 上弦の月

通販:こちらのページでご注文できます。[試聴]




2011年9月リリース(single)、秋のメロウ2本立て
"上弦の月/風に吹かれて"
1. 上弦の月
2. 風に吹かれて

通販:sold out




2010年7月リリース、ピクチャーズの夏色ポップ
"Summer Holiday"
1. Summer Holiday
2. feel
3. アフロディーテ
4. W.M.T.

試聴とダウンロード:iTunes Store | mora | OnGen | TSUTAYA | Listen |




2008年10月リリースの1st EP
"the first extended playing"
1. Welcome
2. 木もれ日3月風の中
3. Lost
4. 空が残った

通販:こちらのページでご注文できます。
試聴とダウンロード:iTunes Store | mora | OnGen | TSUTAYA | Listen |
VIDEO
pictures「Summer Holiday」

pictures「Welcome」

pictures「明日が聴こえる」


unplugged live「上弦の月」


RSSリンク
QRコード
携帯からご覧になる場合は、下記のQRコードを読み取ってアクセスして下さい。
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。