スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roland D-50

D-50

懐かしのシンセサイザー、Roland D-50。

このシンセを修理した話は以前にこのブログにも書いたけど、実際にニューアルバム “Pictunes” のレコーディングで数曲に使いました。先日のピクチャーズワンマンライブ “Back to You 5” でも使いましたね。僕的にステージで鍵盤を弾くのは初の試みだったのでドキドキでした。機材が増えるとトラブルの可能性も増えるしちょっと古い楽器だし、という意味もあり。

人前で鍵盤を弾いたのは小学生の時のエレクトーンの発表会以来じゃないかな。スタートレックのテーマっていうのかな、分かりやすく言うとウルトラクイズの曲(これも古くて分からない!?)を発表会で弾きました。先生が僕のレベルに合わせたアレンジにしてくれて。もう四半世紀前のお話。。。
ちなみにエレクトーンというのはヤマハの商品名で、僕が弾いてたのは正確にはナショナルのテクニトーンというものです。まめ知識。あ、ナショナルというのは旧松下電器、現パナソニックのことですよー。

話を戻してD-50という楽器を簡単に説明すると、1987年に発売されたデジタルとアナログのハイブリッドシンセで、当時ヤマハが出していたDX7というフルデジタルシンセに対抗してローランドが開発したものらしいです。ヤマハのDX7は音作りが非常に複雑難解だったのに対し、D-50は直感的に理解しやすいということでウケたらしいですよ。らしいらしいというのは、当時僕はシンセというものにほとんど興味が無くリアルタイムな情報を持ち合わせていないので、この辺はネットで知った情報たちです。

D-50が使われた有名な楽曲といえば、やはりエンヤの"Orinoco Flow"のピチカート。聴けばああ、あの曲ね、となると思います。あとプリンスのパレードというアルバムでもけっこう使われてるっぽい。僕の大好きなアルバムです。あとはマイケルジャクソンのBadとか、とかとか。87~90年くらいの曲であれば枚挙に暇が無いはずです。興味があれば調べてみて下さい。
D-50にシンセとパーカッションのループが合わさったような"DigitalNativeDance"という音色があるのですがこれけっこう使われてるみたいで、David Lee Rothの"Skyscraper" とかMiles Davisの"Catembé" とかThe carsの"Leave Or Stay"とかで聴けます。

David Lee RothのSkyscraperというアルバムも僕のフェイバリットアルバムの1枚で、ピクチャーズというギターが3本もいるバンドでギターを弾く上でアレンジの参考にしたアルバムでもあります。あれ?これってピクチャーズのあの曲の、、、的なものもあったりしますよ(^^)。気づいても秘密にしておいてね!!


きっかわ

コメントの投稿

非公開コメント

さすがお詳しいんですね!きっかわさんにフェイバリットアルバムを聞いたら大変な数になりそう(^^)過去の記事も再読いたしました。名曲たちに使われる音色、聴いてみたいです。フレーズも気になる(笑)

私は未だにシンセとエレクトーンと電子ピアノの違いがわかっていません…が音色をダウンロード?できるとはなんだか不思議、アナログとデジタルの両使いの自由度が奏者に受けたのでしょうか。

>あきさん

いえいえ、当時シンセに興味なかったのでわりと最近調べて分かった情報ばかりですよー。当時はそうと知らずに聴いてたから、あの曲もそうか、ああこれもか、へーへーという感じでした。

エレクトーンはルーツがオルガン、電子ピアノは名の通りピアノがルーツ、というかピアノの電子的再現。シンセは自由に開発されて来た電子楽器というところですかね。今となってはカブってるところも多いので一番の違いはカタチですね。
appearances

"imagination" Music Video


pictures

soundofpictures

林秀紀(Vo & Gt)右
林邦洋(Vo & Gt)中央
きっかわひろし(Gt)左

2008年結成。永久(とわ)に色褪せないうたを創る旅路の中にある。米ロック、フォークを想起させる「サマーホリデイ」「風に吹かれて」、サイケなギターサウンドの「ロスト」や、青春グランジ風の「ジェネレーションY」など、様々な音楽的背景に兄弟ツインボーカルの実直な声が合わさり、ポップさとオルタナ感を融合。また歌詞は、文学的とも評される「上弦の月」、等身大の人間讃歌「明日が聴こえる」や、言葉遊び的な「ウェルカム」「ペーパームーン」など、多様な日本語を駆使して「普遍」を歌う。メンバーの活動拠点などから、「杉並系ギターロックバンド」を自称している。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
MUSIC
Pictunes 2012年6月リリース、セカンドフルアルバム!
"Pictunes"
1. Beautiful days
2. Okey Dokey
3. 金環日食
4. song
5. Generation Y
6. Tuesday
7. Paper Moon
8. girlfriend
9. emotion
10. Bond

通販:こちらのページでご注文できます。[試聴]




2011年11月リリース、全天候型ポップロック全開!
"imagination"
1. imagination
2. 明日が聴こえる
3. 風に吹かれて
4. cold rain
5. smile again
6. コントラスト
7. 透明な月夜
8. トーキョーミッドナイト
9. ジャンプ
10. 上弦の月

通販:こちらのページでご注文できます。[試聴]




2011年9月リリース(single)、秋のメロウ2本立て
"上弦の月/風に吹かれて"
1. 上弦の月
2. 風に吹かれて

通販:sold out




2010年7月リリース、ピクチャーズの夏色ポップ
"Summer Holiday"
1. Summer Holiday
2. feel
3. アフロディーテ
4. W.M.T.

試聴とダウンロード:iTunes Store | mora | OnGen | TSUTAYA | Listen |




2008年10月リリースの1st EP
"the first extended playing"
1. Welcome
2. 木もれ日3月風の中
3. Lost
4. 空が残った

通販:こちらのページでご注文できます。
試聴とダウンロード:iTunes Store | mora | OnGen | TSUTAYA | Listen |
VIDEO
pictures「Summer Holiday」

pictures「Welcome」

pictures「明日が聴こえる」


unplugged live「上弦の月」


RSSリンク
QRコード
携帯からご覧になる場合は、下記のQRコードを読み取ってアクセスして下さい。
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。